/* THKアクセス解析 */
管理人ayu

福岡市在住。エンタメ、ラジオ、音楽、ガジェット好きです。2000年頃から長いことやってます。日々の暮らしを豊かにする何かを探しております。
SNSでは毎日なにかしらのオススメを更新しております。どうぞ宜しくお願い致します。
詳細な自己紹介 → このサイトについて
はじめての方にオススメ → 今月の人気記事一覧

twitter  instagram

【小説】夕木春央「方舟」:無駄のない密室ミステリの傑作

先日のKindleポイント還元セールにまんまとハマって、一気に10冊ほど欲しい物リストに入れていた電子書籍を買ってしまったので、最近小説を良く読んでいます。特に面白かったものをピックアップしていきます。

ネタバレなし感想を書いています。

方舟:解説

週刊文春ミステリーベスト10国内部門第1位!
MRC大賞2022第1位!

9人のうち、死んでもいいのは、ーー死ぬべきなのは誰か?

大学時代の友達と従兄と一緒に山奥の地下建築を訪れた柊一は、偶然出会った三人家族とともに地下建築の中で夜を越すことになった。
翌日の明け方、地震が発生し、扉が岩でふさがれた。さらに地盤に異変が起き、水が流入しはじめた。いずれ地下建築は水没する。
そんな矢先に殺人が起こった。
だれか一人を犠牲にすれば脱出できる。生贄には、その犯人がなるべきだ。ーー犯人以外の全員が、そう思った。

タイムリミットまでおよそ1週間。それまでに、僕らは殺人犯を見つけなければならない。

方舟:ネタバレなし感想

主人公のひとり語りの体で始まる、密室でのみ事件が展開するシンプルで無駄な余白のない、超王道ミステリー。

学生時代のかつてのサークル仲間たちと廃墟に来てしまったら閉じ込められ、なぜか家族連れがそこに合流し、脱出方法を探っているうちに殺人が…

自分がスマホの電波が届かない場所で閉じ込められ、誰が犯人なのかわからない場所に寝泊まりすると、と考えると怖くなりますね。

プロットは実にありがちですが、この手の作品はどう読ませるかのキモの部分がとても巧妙です。

読んでいるうちに、徐々に判明する「地下建築」から一刻も早く脱出したくて、どんどん読み進めてしまします。

密室系ミステリー小説の名作

昔読んだ綾辻行人氏の「館シリーズ」

島田荘司の「御手洗潔シリーズ」

created by Rinker
¥990(2024/06/16 09:04:23時点 Amazon調べ-詳細)
B00F2H3418
created by Rinker
¥880(2024/06/16 09:04:24時点 Amazon調べ-詳細)
B00ORO68PG

なんかが好きな方は楽しめると思います。

ミステリー慣れしてない人が読むとかなり衝撃を受けると思います。
次々と展開する推理思考にゾクゾクしました。
めちゃくちゃ面白かったし、シンプルで大変読みやすい文体なのでオススメです!

Posted by ayu