/* THKアクセス解析 */

【映画】BLUE GIANT:アニメ映像と音楽ライブが完璧に融合して昇華する圧巻の作品

2023/02/21映画・ドラマ,

昨年末THE FIRST SLAM DUNKに泣かされたばかりですが、また今年も早々にBLUE GIANTにやられました。公開館数が少なめですがみんな観に行くべきだと思います。

BLUE GIANT:あらすじ

仙台に暮らす高校生・宮本大。ジャズに魅せられてテナーサックスを始めた彼は、来る日も来る日も河原でテナーサックスを吹き続ける。卒業を機に上京した彼は、ライブハウスで同世代のピアニスト・沢辺雪祈の卓越した演奏を聴いてバンド結成を持ち掛ける。取り合わない沢辺だが、聴く者を圧倒する宮本のサックスに胸を打たれて話に乗り、さらに宮本の熱意に感化されてドラムを始めた高校の同級生・玉田俊二も加わって“JASS”が結成される。日本のジャズシーンを変えようと、彼らはまい進していく。

BLUE GIANT:解説

雑誌「ビッグコミック」で連載されていた石塚真一の漫画「BLUE GIANT」を原作にしたアニメ。ジャズに魅了されてテナーサックスを始めた青年が、バンドを結成して日本のジャズシーンを変えようとする。監督を務めるのはアニメ「モブサイコ」シリーズなどの立川譲。チック・コリアやスタンリー・クラークなどの有名ミュージシャンとも共演しているピアニストの上原ひろみが音楽を担当している。

BLUE GIANT:予告編

BLUE GIANT:キャスト・スタッフ

キャスト
  • 山田裕貴(宮本大)
  • 間宮祥太朗(沢辺雪祈)
  • 岡山天音(玉田俊二)
スタッフ
  • 監督:立川譲
  • 原作:石塚真一
  • 脚本:NUMBER 8
  • キャラクターデザイン:高橋裕一
  • 総作画監督:高橋裕一
  • 音楽:上原ひろみ
  • 演奏(サックス):馬場智章
  • 演奏(ピアノ):上原ひろみ
  • 演奏(ドラム):石若駿
  • アニメーション制作:NUT

BLUE GIANT:ネタバレなし感想

昨年末スラムダンクに泣かされたばかりでしたが、またこれにもやられました。
元々原作が大好きだったことを差し引いても、とんでもないアニメに仕上がっていたと思います。
スラムダンクが試合ならBLUE GIANTは完全に音楽ライブでした。

2013年に連載が始まった当初から「音が聴こえる漫画」として話題でした。ついにアメリカに渡った第3部「BLUE GIANT EXPLOLER」になった今も進化し続けている石塚真一さんの作品は毎話目が離せません。6巻あたりから急激にまた面白くなってきています。

created by Rinker
¥770(2023/03/30 07:16:18時点 Amazon調べ-詳細)
B0B3MMBJB4

この劇場版「BLUE GIANT」は原作でいうと5~10巻。原作読んでる人にはお馴染みの、巻末のインタビューをもうまく使い、演奏中にフラッシュバック的に仙台編での出来事を挿入、5巻ものボリュームの原作エピソードを巧みに改変し、コンパクトに過不足なくまとめた脚本は流石だと思います。脚本のNUMBER8さんは、原作の連載当初からの編集担当であり現在はストーリーディレクターを務めている方です。

また、エンドクレジット観てたら「脚本監修」にスクリプトドクター三宅隆太さんが入っていてうれしくなっちゃいました。三宅隆太監督の手が今回どれくらい入っていたのか気になりますw

主人公大の奏でるとにかくエモーショナルなサックスや雪祈のピアノが完全に再現されているところに尽きると思います。
原作1巻発売の頃から上原ひろみさんに音楽表現についてのアドバイスを受けていたそうで、今回の音楽監修への参加が自然な流れで決まったのも当然で、ずっと「どんな音なんだろう」と妄想しながら読んでいた読者としてはピッタリすぎる彼らの奏でる音に大感動しました。なんでも上原ひろみさんはアニメ化が決まる前から作曲を始めていたそうです。

「アニメ化が決まる前から曲を書いていました」ジャズピアニスト・上原ひろみ 映画「BLUE GIANT」書き下ろし楽曲制作秘話

映画『BLUE GIANT』とリンクする馬場智章と石若駿の物語。10年でジャズの聴かれ方はどう変わった? | Kompass

作中の劇伴も素晴らしいのですが、ライブで流れるJASSの「N.E.W」が圧巻です。アニメ映像と音楽ライブが完璧に融合して昇華しています。

一応載せておきますが、これから観るならこれは聴かずに臨んだ方がよいかもしれません(みんな劇場の帰り道聴きながら帰ってると思いますw


上原ひろみさん自身が演奏する雪祈のピアノが完璧にシンクロしている様にトリハダでした。徐々に上手くなっていく様も演奏で表現しているのは流石です。この辺の塩梅も上原ひろみさんが試行錯誤されたのだとか。

ちょっと残念だったのはモーションキャプチャーを使っていると思われる3人のCGの動き。オフィシャルには誰も言ってないっぽいですが、どうやらCG部分だけ海外に外注したとの噂が…
スラムダンクのCGの動きがとてつもなかったためどうしても比較してしまいます。
実際にあんなダサい立ちふるまいをするサックスプレイヤーはいないと思うんですよね…

ともかく、原作未読でも十分楽しめる作品になっています。むしろ未読の方が楽しめるかもしれません。
観終わったらまた最初から読みたくなり、今、少しずつ読み進めています。

BLUE GIANT:原作コミックは必読

映画を観た後に最初から観るもよし、映画の続きが気になる方は続いてBLUE GIANT SUPREMEへ進むもよし、です。特に映画は駆け足でストーリーが進むため、あっという間にライブができるほど上手くなってるように見えますが、原作ではその辺をじっくり描いてますので、映画観て感動した人はきっと気にいると思います。

BLUE GIANT 1~4巻:仙台編(高校生~上京まで)
BLUE GIANT 5~10巻:東京編(映画で描かれた部分)

created by Rinker
¥693(2023/03/30 07:16:18時点 Amazon調べ-詳細)
B00GSMDY48

BLUE GIANT SUPREME 全11巻:ヨーロッパ編

BLUE GIANT EXPLOLER 1~8巻(2023年2月現在連載中):アメリカ編

created by Rinker
¥693(2023/03/30 07:16:19時点 Amazon調べ-詳細)
B08L91KK42

上原ひろみ・石塚真一インタビュー

2021年の石塚真一先生のロングインタビューが素晴らしいです。

『BLUE GIANT』を描く漫画家、石塚真一が語る、創作表現とジャズへの想い – TOKION

そして音楽監修、演奏、作曲までこなした上原ひろみさんのインタビューも。

「アニメ化が決まる前から曲を書いていました」ジャズピアニスト・上原ひろみ 映画「BLUE GIANT」書き下ろし楽曲制作秘話

上原ひろみさんで思い出した

最近の活動はあまり追いかけられてませんが、2nd、3rdアルバムは凄く聴きました。懐かしいです。

created by Rinker
ユニバーサル
B0001LNN52

あと、ポップミュージックシーンで最も有名な仕事はスカパラとのコラボの名曲「水琴窟」ですね。後半の畳み掛けるピアノソロが死ぬほどカッコいいです。

created by Rinker
¥1,350(2023/03/30 07:16:20時点 Amazon調べ-詳細)
B009BI9T6S

映画・ドラマ,

Posted by ayu