新サイト(はてなブログ)

東野圭吾/白夜行 ドラマ化!

ミステリ系小説で、東野圭吾さんの「白夜行」という、大好きな小説があります。
この小説が、ついにドラマ化です!
久々に超楽しみなドラマですよ。第1回は本日1月12日夜9時!


白夜行

■「白夜行」ドラマオフィシャルサイト
キャストはなにやら凄いらしいですが、僕は全く知らない方たちなのであんまり気になりません!
amazon解説より
1973年に起こった質屋殺しがプロローグ。最後に被害者と会った女がガス中毒死して、事件は迷宮入りする。物語の主人公は、質屋の息子と女の娘だ。当時小学生だった二人が成長し、社会で“活躍”するようになるまでを、世相とともに描ききる。2人の人生は順風満帆ではなく、次々忌まわしい事件が降りかかる……。当然ミステリーだから謎が隠されているわけだが、真相は途中で暗示されてしまう。しかし謎の存在などどうでもよくなるほどのスケールの大きさが読後に残る。
物語が始まってから終わるまでが20年以上という壮大なストーリーにまず圧巻です。これを叙情的に、中だるみなく描ききった東野圭吾さんは素晴らしいです。
なんというか、その人物描写がとても好きなんです。決して登場人物の内面や心情は語られないまま話は進んでいきます。主人公の二人がどんなことを思って行動してるのかを常に意識しながら読ませる一風変わったオハナシです。とても切なく、哀しいお話なんですが、なんというか美しいんです。うまく書けないですけども。
そして、続きモノではないのですが、続編として同じ雰囲気を持った作品「幻夜」もオススメです。どうやらこのシリーズは3部作になる予定らしく、次回作も非常に楽しみです。
そしてなんといってもこのドラマ化、うまく雰囲気が出てるかどうか、楽しみですね。
■白夜行
是非小説で読むことをオススメします。

東野圭吾のその他のオススメ

いくつか読んだ事のある東野さんの小説の中でオススメのヤツを
■幻夜
白夜行の次に好きなのがコレです。白夜行読んで気に入ったらコレも是非。
■変身
ゾクゾクするほどの展開。誰しもが思ったことのある、脳移植をするとヒトの人格はどうなるのか?という想像を物語にした傑作です。

Posted by ayu